2009年09月06日

汚職は公務員の特権なのか



ただの公務員だけではなく汚職が付くんだね、しかし幼い少女が汚職が夢とはどこまで中国の公務員は汚職がひどいんだろうか、中国に限らず日本でもよく中国の汚職は話題になっています。以前大きな地震があったときも、災害地への寄付や物資を横流しにしていたとか言われていて、肝心の被災されていた方に届いていなかったらしいです。あの地震で崩壊した小学校も建築費の横領で手抜き工事をしていたとか言われています。鉄筋が入っていなくて壁がスカスカだったらしい。日本でも当然やっているんだろうけど日本では発覚すると人生致命的で終わってしまうので、かなり巧妙にやってるんだろうね、いま取りざたされてる年金なんてかなりいい加減で年金の使い込みまでしていた公務員がいたらしいけど、中国に限らず公務員はどこの国もひどい奴は沢山いるんですよ。

「大きくなったら汚職公務員になりたい」――。入学式でそんな夢を語った6歳の少女が中国メディアの話題の的になっている。地方紙「南方都市報」が4日伝えた。

 少女の「現実的」な生活観を称賛する声もあれば、社会の現実を反映しているとして中国で横行する汚職を批判する声もあった。

 ある書き込みは「社会主義は新たな『裸の王様』を生み出した」と批判する。別の書き込みは「生活の醜さがすでに子どもさえ汚してしまった。次の世代をどう教育したらいいのか」と嘆く。(c)AFP
タグ:汚職 公務員
posted by チャイナ at 17:34| 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。