2009年08月16日

幸運を呼ぶ魚が人気



お金儲けとはいえ、いろいろと考えますよね。刺青をされた魚は大丈夫なんでしょうか。買ったはいいけど、すぐに死んじゃったら、逆に縁起が悪いような気がするんですけど、その辺は大丈夫なのかな?それにしても魚もえらい迷惑な話ですよね。しかし何で魚なんだろう、中国では魚って縁起のあるものなの。店主によっては残酷だと言う人もいるらしいけど、考えとしては、それが普通だよね、そのうちいろんな動物に彫り物して売るんじゃないでしょうね。あまりやりすぎると、また、動物愛護団体が裸で抗議しに来ますよ。

中国南西部、四川省成都のペット市場、青石橋市場で、持ち主に金運と幸運をもたらすという、花や虹、文字などさまざまな入れ墨が彫られた幸運の魚が売られている。地元紙華西都市報電子版が13日、伝えた。

 魚には、「商売繁盛」を意味する文字などの入れ墨が彫られることが多い。取引業者によると、入れ墨にはレーザーが使われるという。

 ブダイの場合、通常は1匹10元(約140円)だが、入れ墨入りのものは、少なくとも25元(約350円)で売れるといい、「金運」「幸運」「長寿」「幸福」の文字が彫られた4匹のセットは120元(約1690円)するという。
ラベル:幸運
posted by チャイナ at 01:16| 中国話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。