2009年03月22日

危険なニセ薬による健康被害多発、中国



食品の毒物や赤ちゃんのミルクの違法な成分など。何故こんなに違法な薬品や毒性のある薬品などの混入が多いのだろうか、普通では考えられない違法な行為が行なわれるのは、人の命を軽く見てのではないかとしか考えられない。赤ちゃんの粉ミルクの件など、なぜ粉ミルクに毒性の物を入れられて、普通に売ってられるのか、信じがたい神経だけど。売れて自分らにお金が入れば別に飲んだ子供がどうなろうと関係ないと思っているんだろうけど、それにしても食品に対しての規制があまりにもいい加減すぎるのではないだろうか。日本だっていい加減な企業もあったりはするけど、倒産や営業停止など制裁は厳しいと思う。

中国・北京の違法クリニックを家宅捜索し、薬品を押収する捜査官ら。規制の網が末端まで十分に届いていない中国の医療現場は混乱を極めており、関係者の腐敗や、危険なニセ薬による健康被害も多い。中国は医療の正常化に向けて奮闘を続けている(2009年3月18日撮影)。(c)AFP
posted by チャイナ at 16:39| 中国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。